求人採用についてもっと知りたい 求人採用と新型コロナについて
公開日:2021.8.12 更新日:2021.9.17

【中小企業向け】コロナ禍での採用をチャンスに

こんにちは、ナインデザイン保守管理を担当しております、中山です。
現在、日本に新型コロナウイルスが蔓延してから早くも1年半ほどが経っています。
コロナ禍以前は、1.6ほどを水準していた有効求人倍率ですが、現在は1.1ほどにまで落ち込んでいます。
そしてまた、昨今、さらなる感染拡大が進んでいます、そんな中で採用を成功させるためには、どんな情報が必要なのかご紹介したいと思います。

コロナ禍で求職者が企業に求めていること

企業側の一方的なアピールでは、中々求職者の心に響きませんし、応募に繋げることも難しいと思います。
まずは、このコロナ禍の中、採用活動を行なっている学生、また転職者が何を企業に求めているのか、知ることが重要だと考えます。

就活生が企業に求めること

他社のデータを参考させていただきますが、引用記事の中「新型コロナウイルス流行前と流行後の、会社に求めることは何でしたか?」をご覧ください。
流行前の回答では「興味のある分野で仕事をすること」「成長できる環境」の回答が多くありますが
流行後の回答では「柔軟な勤務が可能(フレックスタイムやテレワークなど)」「長期にわたる安定した雇用機会があること」が高い増加していることがわかります。

就活生が企業に求めることとしては、以下のようなことが考えられます。
・会社の将来性・安定性
・働き方における多様性

https://reashu.com/questionnaire-covid-19/

引用:「就活の教科書」コラム

転職者が企業に求めること

こちらも、他社のデータを参考させていただきますが、引用記事の中「転職活動を始めたきっかけ」をご覧ください。
一般的な回答として「給与に不満がある」や「会社の考え・風土が合わない」などが上位となっていますが
新型コロナウイルスの影響により「業界の将来性に不安を持った」や「リストラ・失業・契約終了」などが見受けられます

転職者が企業に求めることとしては、以下のようなことが考えられます。
・会社の安定性
・会社のコロナに対する対策・考え方

https://partners.en-japan.com/special/200708/

引用:【エン転職】月刊「人事のミカタ」

まとめ

このコロナ禍において企業側では、「安定した経営であること」「成長できる環境が整っていること」や「コロナに対してどのような対策をしているのか」「在宅ワークなどを実施しているのか」など求職者が気になっている・知りたいことを積極的にアピールすることが重要になってきます。

【求人でお困りの経営者必見!】
「本気の求人採用セミナー」に参加してみませんか?

このセミナーは求人採用の原則原理を学ぶことができ、求人採用が上手くいくようになります。
オンライン開催なので、ネット環境があればどこからでも参加可能、毎月開催しています。
詳細は下記のページでご確認ください。

無料動画をダウンロードできる特設サイトバナー

 

【組織づくり・事業拡大ができない】
「三方よし」マーケティング特別セミナーのご案内

ゼロからマーケティング組織が作れる3時間の特別無料セミナー!
今なら参加者全員に特別講義映像(60分)を無料でプレゼント! 詳細は下記のページでご確認ください。

特設サイトバナー