ブログ詳細

介護職未経験者が仕事選びで気になるポイント

熊本の求人採用コンサルティング、株式会社ナインデザイン制作部の鎌田です。
本日は介護職未経験者が転職の際、介護の仕事選びで気になるポイントをご紹介していきます。

介護職転職者の中には介護の仕事は初めてという方も多いと思います。
未経験の方が介護の職場を選ぶ時、どこを基準に選んでいるのでしょうか。

求人票はどの部分を見ているか

経験者の場合、給与の面でも手当や処遇改善加算など、内訳の詳細まで見ている方が多いです。
求人票の内容から施設の規模や働き方を想像しながら見ています。

未経験者は主に条件面で検索して自身の条件に合った会社に応募します。また、どんな仕事をするのか不安があるため充実した育成カリキュラム先輩や上司からきちんと手厚いフォローがあるかどうかもアピールポイントになります。

介護の業態で選んでいるわけではない

介護職経験者の方であれば、「ユニット型で、一人一人とコミュニケーションをとりながらじっくりと関わるところで働きたい」「認知症の人に関われる施設で働きたい」など具体的な仕事内容や関わりたい業態・種別が決まっている場合が多いです。

未経験者の場合はこのようになります。

「老人保健施設って、老人ホームと何が違うんだろう?」
「介護の仕事をしたいけど、どこか良いとところはあるかな」

未経験者は初めから介護業界を検討しているわけではないので、詳しい仕事内容を知らないまま就職活動を行っています。「介護」と言っても、業種業態によって様々な特徴があります。
未経験の方を採用したい場合は、すでに介護の仕事をしている方にとっては当たり前と思えるような基本情報や仕事内容を丁寧に説明することも重要です。

未経験者に伝えたい情報

・具体的な仕事内容
・訪問介護と入居介護の違い
・各施設形態の特徴 など

上記の情報を未経験者の方に伝えることにより、実際に働くイメージがつきやすくなり未経験者の採用でよく起きてしまう「ミスマッチ」の可能性を減らすことができます。

介護業界は未経験でも始めやすいというイメージがあり、異業界から仕事を探す時の「未経験への転職のハードルの低さ」はアドバンテージになります。
未経験者は仕事を探す際、介護業界に絞って探しているとも限りません。例えば近所のコンビニや会社の営業職など他業界と比較検討している場合があります。
「介護業界の中で自社はどの位置にあるのか?」だけではなく、「他業界と比較した時、介護業界、自社はどの位置にあるのか?」という観点で考える必要があります。

介護業界は

・未経験でも入社しやすい
・子育てに理解があり休みが取りやすい、柔軟な働き方ができる
・充実した研修がありスキルアップができる

など、他業界とも十分に戦える力があります。

未経験の採用を検討されている場合は、求職者の「介護業界でやっていけるかな?」「どんな仕事をするのかな?」という不安を解消し、安心して入社していただけるように詳しい仕事内容の説明や、丁寧な対応、入社後のフォロー・研修など受け入れ態勢を整えて、未経験でも介護職として働ける職場環境を目指したいですね。

さて、本日は介護職未経験者が仕事選びで気になるポイントをご紹介しました。
未経験の求職者がどのようなことを考え、何を基準にお仕事を探しているのか。そのことにフォーカスすることで、自社のPRできることや受け入れ態勢の整え方が分かるのではないでしょうか。
「自社でアピールできることが分からない…」
「どのように改善していけば良いか分からない…」
など、お困りごとがございましたら一度弊社にご相談ください!

2021年 医療・介護向け本気の求人採用オンラインセミナーはこちらから

2021年3,4,5月医療介護向け求人採用オンラインセミナー