ブログ詳細

2021.03.25

「ペルソナ」から求人採用活動を始めましょう!(資料ダウンロード付き)

みなさまこんにちは、ナインデザインのライター担当:田中です。

先日誕生日に友達からお花をいただきました!

カメラの練習…という名目です!

 

 

 

さて、今回はペルソナについてのお話です。

ペルソナ」について書かれた記事がいくつかありますが、みなさま読まれましたか?

ターゲットに人格を持たせよう!

ペルソナから募集要項を作成しよう!

「ペルソナ」を有効活用しているナインデザインの求人採用コンサルティングについてお話をいたします!

最後に資料ダウンロードもご用意しております♩

 

ペルソナを確立させることが求人採用成功のカギ!

最近制作を行った求人採用サイトでは、この時期に行った「ペルソナ」の勉強を存分に活かしています!

社長・院長と直接「こんな人材がほしい!」というお話を聞くことで、

  • これから会社・医院をどう運営していこうと考えているか
  • 入社後にどんな働きをしてもらいたいと考えているか
  • その人に対して会社・医院はどんな待遇を用意しているのか

などのご意見を知ることができます。こういったご意見って単刀直入に聞くとなかなか出てこないんですよね。

本意を引き出すためには、いろんな角度から質問をすることが大事なんだなと実感しています。

この「ペルソナ」についての意向確認、自社・自院でも活かしてみませんか?

例えば、理事長がイメージしている「ペルソナ」と院長がイメージしている「ペルソナ」が違っていたり、社長がイメージしている「ペルソナ」と人事担当者がイメージしている「ペルソナ」が真逆だったり。そんな可能性もございます。

 

まずは会社・医院内での意向のズレを抑えましょう

求人採用活動を始める際に大事なことは「ターゲットを考える」ということ。

しかしこのターゲット像も同じ社内でも立場や部署が変わると食い違ってくる可能性も大いにあります。

例えば、

社長が思うほしい人材は「真面目で素直で、これから仕事を覚えてくれるなら未経験でもOK

直属の部署の社員が思うほしい人材は「すでに経験があって即戦力になる人」

という真逆の食い違いが起こる可能性があります。

ここが解消されないまま求人採用活動を始めてもうまくいきませんよね。

そんな意向のズレを防ぐためにも、まずは今の会社・医院にほしいと思う人材の「ペルソナ」について、皆さんで考えるところから始めてみませんか?

自分とは違う立場でないと気づけない視点や、引き出せなかった本意を知ることができるかもしれませんよ!

 

今回、いくつかご用意しているペルソナの資料のうち「性格で求めるもの」の資料をご用意いたしました。

下記フォームよりダウンロードできますので、ぜひご自身の会社・医院の求人採用活動にお役立てください♩

⇨いますぐダウンロード!