ブログ詳細

2021.01.22

ペルソナから募集要項を作成しよう!

こんにちは、ナインデザイン保守管理を担当しております、中山です。

この記事では、採用に必要なペルソナを設定した後、
どう募集要項に落とし込むのかをお話ししたいと思います。
先日、制作部スタッフである藤田がペルソナについての詳しい記事を出しております。

まだ読まれていない方は是非こちらをご覧ください。
ターゲットに人格を持たせよう!

さて、ペルソナを設定した後、どう募集要項に落とし込むのか
悩まれている方が沢山いらっしゃると思います。

全てをお話ししてしまうと長くなりますので、今回は、2点に着目してお話しいたします。
参考にするペルソナとしては、前述でもご紹介したブログ記事内のペルソナ例を用います。

1つ目に注目する点としては「悩み、解決したいこと」 こちらが転職をする主な動機となっていることでしょう。

ペルソナの設定には「現在勤務している歯科医院では仕事のスキルも上がりづらい」とあります。

この動機に対し、多くの募集要項でこう書かれています。

「当医院ではスキルアップできる環境が整っています」

これだけでは、求職者(歯科衛生士)に伝わりませんし、多くの求職者がどういうスキルを上げられるのか
どういう方法でスキルが上げられるのか疑問に感じています。

単に、スキルを上げたいといっても、様々なタイプの求職者がいます。
資格を取得したいと考えている方、また、定期的な勉強会で学びを得たいという方など
そのため、以下のことなどを自院でまた、過去の実績実例を振り返りながら、詳細に記載する必要があります。

■どんな種類の資格を取得できるのか
■また研修・勉強会・講習会などを開催、参加しているのか

 

2つ目に注目する点としては「性格、価値観」

ペルソナの設定には「チャレンジ精神旺盛」とあります。

このような場合、自院がいかに成長できる環境を提供できるのかというところを伝えるのが重要なポイントになります。
前述でもご紹介した、研修・勉強会・講習会の記載はもちろんのこと

■アイディアに対して承認が出せるような環境なのか
■チャレンジを評価してくれる環境なのか
■評価制度があり実力を評価してくれるのか

という点を詳細に記載する必要があります。

 

いかがでしょうか、今回は2点に着目しご紹介いたしましたが、募集要項に書く内容が無いと感じられている方、何を書いたらいいか分からないと方のご参考になれれば幸いです。

 

また、もっと募集要項への落とし込み方やどんな内容を書けばいいのか知りたい方という方は「本気の求人採用セミナー」に参加してみませんか?

本記事で紹介した内容をより深く学ぶことができます。

 

歯科医院向け、介護事業所向け、クリニック向け、一般企業向けと業種別に分けて開催。

セミナーは完全オンラインとなりますので、全国から受講できますし、自宅やお好きな場所で接触の心配もなくご参加いただけますのでご安心ください。

2021年 歯科医院向け本気の求人採用オンラインセミナーはこちらから

2021年 医療・介護向け本気の求人採用オンラインセミナーはこちらから

2021年 中小企業向け本気の求人採用オンラインセミナー情報はこちら

2021年歯科衛生士採用セミナー 2021年医療介護向け求人採用オンラインセミナー 2021一般企業求人採用オンラインセミナー

ご参加をお待ちしております!