ブログ詳細

2021.01.13

本当に欲しい人材を採用する為の面接(実践編)

皆さん、最近は寒さが厳しくなってきましたねー 雪も少し積もったので雪だるまを作ろうと思ったのですが、雪だるまができるくらいは降りませんでした。 雪が積もらなくてよかったけど、雪だるまが作れないのは残念、これは複雑な心境です。

さて、前回は欲しい人材を採用する為の面接(準備編)をお送りしました。 そして、今回は皆様が待ちに待った実践編になります。 ここで少し前回の復習をしましょう。

 

・面接は会社と求職者がお互いを知る為の場。戦いではなく、お見合い

どうしても企業側が「選ぶ立場」になりやすいものです。ですが、求職者もしっかりと企業のことを見ています。お互いの気持ちが合ってはじめて採用に至ることを覚えておきましょう。

 

・欲しい人材の人物像(ペルソナ)を明確にする

「一緒に働きたい人」を漠然と探しても、一人ひとりの理想は変わってきます。そこで、あらかじめ欲しい人物像(ペルソナ)を明確に決めておくことで、企業が本当に求める人物を採用することができます。

 

ここからが実践編です。求める人材の素質を知る為の質問と解説をしていきます

 

コミュニケーションスキルを見たい時にどちらの質問が有効でしょうか?

A・今の会社で同僚とどのような関係を築いているか、説明してください。

B・どのような人と一緒に働きたいですか?

 

 

 

 

答えはAになります。

今の同僚と良好な関係が築けているのか知ることができます。「誰とでもうまくできます」と返答があったとしても、「社内で意見が対立した時のことを話してください」と続ければ、人との関り方や行動が相手の返答からわかります。一方でBは、例えば「手際がよい人」と返答があったとしても、相手の理想的な人物ばかりが働いているわけでもない為、回答から相手を判断することができません。このように状態に触れる質問よりも、行動について質問したほうが相手のスキルを知ることができます。

 

・募集職種に対する意欲を知りたい時

A・ルーティンワークは好きですか?

B・仕事で一番充実感を得たときのことを話してください。

 

 

 

 

答えはBです。

 

仕事で一番の充実感を感じた時がその人が一番モチベーションが高いだったことがわかります。過去の仕事が志望職種と似ていれば、その時と同じように働いてくれる可能性は高くなります。回答を掘り下げれば、更に仕事に対しての意欲を知ることが出来ます。一方、Aは「はい」か「いいえ」でしか返答できない為、相手の意欲を一切知ることが出来ない。質問に全く意図がない上に、「仕事が面白くなくてもよいですか」と聞いているようなものです。

採用した場合の適応力を知りたい時

A・前の仕事と今回の仕事では、どのような違いがありそうですか?

B・新しい環境に置かれた時、あなたはどのような行動をとりますか?

 

 

 

答えはAです。

前の仕事と今回の仕事の違いから相手が応募職種に対して、どんな魅力を感じているのか知ることができる。もっと深く聞いていけば、相手がどのような仕事を好んでいるのか知ることができます。一方、Bは架空の状況なので、応募者が実際に経験したことについて質問するほうが有効です。

 

今回、実践編として3つの素質を知るために有効な質問をお伝えしました。

まだまだ、たくさんの応募者のことを知ることができる質問があります。しかし、質問の本質は回答からどのようなことがわかるかしっかりと考えた上で準備すること、そして掘り下げてさらに深い部分まで知る為の質問も準備しておくことが重要だと考えます。

皆様が理想の人材を採用できるよう、少しでもお役に立てたら嬉しいです。さらに詳しく採用について知りたい方は

1月17日(日)から開催する「本気の求人採用セミナー」に参加してみませんか?

自社に必要な人材の探し方、見つけ方をご紹介します!

 

歯科医院向け、介護事業所向け、クリニック向け、一般企業向けと業種別に分けて開催。

セミナーは完全オンラインとなりますので、全国から受講できますし、自宅やお好きな場所で接触の心配もなくご参加いただけますのでご安心ください。

2021年 歯科医院向け本気の求人採用オンラインセミナーはこちらから

2021年 医療・介護向け本気の求人採用オンラインセミナーはこちらから

2021年 中小企業向け本気の求人採用オンラインセミナー情報はこちら

2021年歯科衛生士採用セミナー2021年医療介護向け求人採用オンラインセミナー2021一般企業求人採用オンラインセミナー