ブログ詳細

2021.01.14

面接と面談の違いとは?

こんにちは、株式会社ナインデザイン制作部コーダーの鎌田です。

採用活動といえば面接ですが、最近は「面談」という言葉もよく聞くようになりました。
本日は面談についてお話をしていきたいと思います!

採用活動の中で行われる面談は主に、企業(医院)と求職者が対等な立場で情報を交換し合い、相互に理解を深めていく場になります。

面接でよくありがちな、企業側から一方的に求職者へ質問をするのではなく、企業の魅力を求職者の方へ伝えたり、逆に求職者の方から企業側へ質問をしたり、お互に対話をしながら行うため、より企業に合った人材を採用でき、ミスマッチによる離職を減らすことにも繋がります。

ここで大切なのが、「気軽に本音でコミュニケーションがとれる」という事!
これが面接との大きな違いだと思います。

面談の目的は何か

🏢 企業(医院)側にとっての目的

・企業の魅力を発信し、求職者に会社のことを知ってもらう

面接ではほとんどの企業様が、会議室の中で求職者と向き合い、質問しているだけではないでしょうか。(もちろん、工夫をされているところもあると思います。)
面談の時間を設けることで、会社内の雰囲気や理念、どのような業務を行なっているかなど、企業の特徴を求職者の方に伝えることができます。

・求職者の入社する意向を高め、採用に繋げることが出来る

面接では企業からの質問に答えることがほとんどで、求職者が質問できる時間は10分ほどかと思います。
質問できる時間が少ないと、求職者にとって魅力的な情報が十分に集まらず、入社の意向が高まらないことがあります。
面談を行い対話をすることで、入社前の不安を少なくすることができ、魅力的な情報を提供することができます。

👔 求職者にとっての目的

求職者の目的は、企業の情報を提供してもらい、入社を検討するための材料を集めることです。面談をすることで、ウェブサイトや求人情報だけでは知り得なかった情報を集めることができます。

コロナウイルスの影響で職場見学や職場体験が開催しにくい昨今、Zoom等のWeb会議ツールを使ってオンライン面談を行う企業が増えています。ZoomはWeb面談に必要な機能は完全無料でご利用いただけるので、気軽に始められます。
まだ、Web(オンライン)面談を導入していない企業様もこの機会に導入をしてみてはいかがでしょうか?

オンライン面談

Web面談の詳しい活用方法については求人採用セミナーでご説明しています。
完全オンラインですので、場所や周りとのソーシャルディスタンスを気にせずご参加いただけます。
求人採用セミナーが気になる!という方はご案内させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

2021年 歯科医院向け本気の求人採用オンラインセミナーはこちらから

2021年 医療・介護向け本気の求人採用オンラインセミナーはこちらから

2021年 中小企業向け本気の求人採用オンラインセミナー情報はこちら

2021年歯科衛生士採用セミナー 2021年医療介護向け求人採用オンラインセミナー 2021一般企業求人採用オンラインセミナー

ご参加をお待ちしております!