ブログ詳細

16タイプの性格診断を採用に活かそう!

こんにちは、ナインデザイン制作部の巻です。
最近の趣味は麻雀です。

皆さま、性格診断ってやったことありますか?
私はしょっちゅう試す派です。

長所や短所って自分ではピンと来ませんが、
「あなたはこういう人っていう結果が出てますよ〜」とデータで出てくると受け入れやすい気がします。


今回は、お互いの気質を知って今後の関わり方に活かそう!という目的で、
こちらの「16personalities」というサービスを利用しました。

https://www.16personalities.com/ja

60問くらいの質問に答えるだけ。
16の性格タイプから当てはまるものを教えてくれます。

頑張って回答していくと…

出ました!


私は”冒険家タイプ”でした。

結果のページには性格・強み弱み・恋愛・友情・職場での振る舞い・親子関係などかなり細かい説明が載っています。
そちらも分かりやすく参考になるのですが…

今回見るのはこの部分。


よくわからない英語が並んでいます。
調べてみると…

すべての性格タイプは4種類のアルファベットで構成されていて、その組み合わせによって全16タイプの性格に分けられている、そうです。

このアルファベット一つひとつが対になる2つの気質のどちらかを表しています。

⛹️‍♀️ E(外向型 – Extravert) 🧘‍♀️ I(内向型 – Introvert)
自分の外からの刺激に強い(人とのコミュニケーションで元気になれる) 外からの刺激に弱い(1人の時間を大切にする)
👀 S(現実型 – Sensation) ☁️ I(直感型 – Intuition)
物事を現実的に認識する。事実重視 物事の本質をとらえる。イメージ重視
✏️ T(論理型 – Thinking) ❤️ F(感情型 – Feeling)
客観的かつ合理的に考え、法則を重視 相手に共感し、価値観や感情を重視
📆 J(判断型 – Judging) 🧠 P(知覚型 – Perceiving)
計画を立て、規則正しく実行する 思いつきで柔軟に変化する
私は「ISFP」なので…
内向 現実 感情 知覚 が優位でした。

結果が出たらスタッフみんなで見せ合い、
お互いがどういった気質を持っているのかを共有します。

ちなみに、
弊社の外回りチーム(営業・ライター)は外向型、
内勤チーム(制作・保守など)は内向型とわかりやすく別れました。

ここでもし、”内向型”の社員に営業の役割を求めてしまったり、逆に”外向型”に内勤のポジションを用意してしまうと
ミスマッチが起こり退職してしまう可能性もあるのではと思います。

またコミュニケーションを取る上でも
「この人は論理型だから、感情型の私とは物の見方が違うんだなあ」と冷静に考えることができます。

自分はこういう性格だから配慮してほしい!とか、どちらが優れているか、などではなく、
相手の気質を理解してお互いに尊重できれば、
スムーズで建設的な話し合いができそうだなと思いました。


これから採用をお考えの会社様は、
入社前に求職者の方を知るための手段として導入されてみても良いかもしれません。


採用パッケージのお申し込みの際にご相談頂ければ、
コンサルタントの飯田が活用法を一緒に検討させて頂きます^^

それでは!

note