ブログ詳細

2020.10.02

応募が来る採用サイトの作り方 その②「会社の人柄=社長の人柄」

こんにちは!
熊本の中小企業向け求人採用コンサルティング
株式会社ナインデザインの巻です。
好きなお酒は辛くないビール🍺です。


その①を投稿してからだいぶ時間が経ってしまいましたが…

応募が来る採用サイトの作り方、その②です!


前回は会社の人柄が伝わるコンテンツの大切さについてお話ししました。


じゃあ、会社の人柄をアピールするにはどうしたらいいの?

そのための本日のテーマはこちらです↓↓↓
「会社の人柄 = 社長の人柄」

その1:社長の人柄は会社そのもの!

弊社では、
中小企業において、会社の人柄 = 社長の人柄 と考えています。
なぜかというと、社員の数が少ないから。
少人数の組織は、社長の価値観がストレートに社風へ影響すると言われています。

だから社長の性格・好み・価値観こそが会社そのもの。

では、具体的にどのようなことを発信したらいいのでしょうか。

弊社が取材させていただく内容(一部です)は、
✅ 理念(会社や仕事に対する思いが一番表れています)
✅ 仕事に対する向き合い方
✅ 将来のビジョン、考え方
✅ 社員との関わり方
✅ 社長の過去、未来、プライベート


などなど、社長の考え・行動全てです!
それが会社の社風に繋がっているんですね。


採用サイトを見ている求職者が考えていること、それは
「この会社、自分に合っているかな?」です。



社員数の少ない中小企業では、社長やスタッフとの距離も近くなります。
そんな人たちと価値観が合うかどうかは大きな問題です。

入社後すぐに「この会社違ったな…」→ 退職 なんて悲しすぎるので、
社長の内なる考えをオープンにして、安心してもらいましょう。

その2:「99の質問」で社長を丸裸にしよう

では、どういう形で社長の考えを発信したら良いのか?
もちろんご自身の想いを書き連ねるのもokですが、弊社では独自のコンテンツをご用意しています。

それは「社長に聞く99の質問」です!
99問って多すぎですよね。でもこれに答えるだけで社長の仕事観や将来性、プライベートまで丸裸です。

すべての質問が弊社ライターの手によって厳選されているので、質問に答えていくだけで社長のすべてを網羅した紹介ページが完成します。
求職者の方は、この質問集を読み進めることで社長の人となりを知り、会社のことを理解できます。

例えばこんな感じ↓↓↓
今までの経営の中で一番ピンチだったことは何ですか?
家ではなんと呼ばれていますか?
好きな異性のタイプを教えて下さい。

こんな質問が99問続きます。

弊社の採用サイト制作パッケージでは、99の質問ページ+社長挨拶ページ の計2ページをご用意していますので、社長の想いを余すことなく伝えることができますよ。
弊社クライアント様でも、
採用サイト内の他ページと比較して高いアクセス数を維持している人気コンテンツです。


その3:信頼の先には応募がある

ところで、この手法はミスマッチを防ぐ他に応募率アップにも効果があります。
会社の信用度が応募率に影響する ということです。

前回の記事でもお話ししましたが、求職者の方は「隠された情報をネガティブな想像で補う」傾向があります。


例えば、採用サイトにオリジナル写真が一枚も載っていない場合。求職者はどう感じるでしょうか?

もし私が求職中だったら、
「見せられないくらい社内が荒れているのかな?」
「社員が働きすぎで疲れた顔してるのかな?」
「人間関係がうまく行ってないのかな」
「採用に力を入れていない=教育制度も整ってなさそう」


いろんな想像をしてしまいます。
本当の理由は「素材写真の方が綺麗に見えそうだったから」だとしても、求職者には意図しない印象を与えてしまいます。

これではいくら見栄えのいいサイトを作っても、採用には繋がりにくくなります。
ブラック企業だったらどうしよう… と疑心暗鬼になる求職者さんのために、「社長はこんな人だよ!」と全力でアピールしてみてください。


おまけ:「99の質問」全データをプレゼント!

ここまで読んでくださった方へ、「99の質問」データをプレゼントいたします!
質問に答えるだけで会社のアピールコンテンツとしてすぐにお使いいただけます。

ぜひ自社採用へご活用いただき、良い人材の採用へと繋がれば幸いです。

データプレゼントページは以下をクリック↓↓↓



note