求人採用媒体を使いたい 無料で簡単に始めたい
公開日:2022.6.13 更新日:2022.6.16

求人広告に無料で掲載するメリット・デメリット

こんにちは、ナインデザイン保守管理を担当しております、中山です。
多くの企業の方が、求人広告に無料で掲載を行なっていると思います
現在では、多くの求人媒体が広告やCMなどで「無料で掲載できる」
と謳っています。

一昔前までは、紙の求人媒体へお金をかけて掲載するというのが主流になっていましたが、インターネットで、しかも無料で掲載できるというのが今の主流です。

今回はそんな求人広告で無料で掲載するメリット・デメリット
についてご紹介します。

無料で掲載できる主な求人広告

過去の記事でも紹介していますが、主に有名なものとしては

・ハローワーク
・Indeed
・求人ボックス
・engage

となります、多くの求人媒体が広告やCMなどで一度は見られたことがあるかと思います。
紹介した求人媒体の全てが、掲載から採用まで一括して無料で行うことができますが
中には、無料で掲載は行えるが、応募や採用を行なった際に費用が発生する求人媒体もあります。
できれば、掲載から採用まで無料で行いたいですよね

無料で掲載するメリット・デメリット

○ メリット

大きなメリットとしては「費用がかからない」こと、またそこまで採用を急いでいない企業でも
掲載をしておけば、応募が来るかなという気持ちで掲載ができるので、ハードルも低くなります。
また、求人採用サイトを持っている企業であれば、求職者の主な流入口となるため、無料でも
いいので掲載は行っておきたいところです。

△ デメリット

デメリットとしては、やはり無料で掲載が行えるため多くの企業が利用しています。
ですので、自社の求人が埋もれてしまう可能性があり、まず見られないといった可能性が出てきます。
また、その影響で応募や採用が全くできないという可能性もあります。
そのため、多くの無料求人媒体では、常に有料のプランを勧めてきます。
本格的に採用を行う際に、利用することをおすすめします。

まとめ

積極的に、また多くの求人広告へ掲載を行いましょう。
求人を管理するのが難しいといった場合には、求人広告を絞りましょう。
また、広告やCMで紹介されていることもあり、多くの求職者が求人媒体へ集まります。
自社の採用の現状に合わせて、有料への切り替えを行うことで
より応募・採用を獲得することができます。

【求人でお困りの歯科医院の院長先生必見!】
「本気の求人採用セミナー」に参加してみませんか?

このセミナーでは求人採用の原則原理を学ぶことができ、歯科衛生士採用が上手くいくようになります。
オンライン開催なので、ネット環境があればどこからでも参加可能、毎月開催しています。
詳細は下記のページでご確認ください。

特典付きセミナー申し込み特設バナー

 

【求人でお困りの病院・クリニックの院長・事務長様必見!】
「本気の求人採用セミナー」に参加してみませんか?

このセミナーでは、受講後すぐにでも実践できる「求人採用の原理原則・テクニック」をお伝えいたします!
オンライン開催なので、ネット環境があればどこからでも参加可能、毎月開催しています。
詳細は下記のページでご確認ください。

特典付きセミナー申し込み特設バナー

 

【組織づくり・事業拡大ができない】
「三方よし」マーケティング特別セミナーのご案内

ゼロからマーケティング組織が作れる3時間の特別無料セミナー!
今なら参加者全員に特別講義映像(60分)を無料でプレゼント! 詳細は下記のページでご確認ください。

特設サイトバナー